洗うだけで透明美肌|敏感肌には敏感肌のファンデーションを塗ろう
女性

敏感肌には敏感肌のファンデーションを塗ろう

洗うだけで透明美肌

ソープ

泡に着目する

洗顔中に潤いは失われやすく、そのことで生じるツッパリ感を防止するには洗顔しながら潤いをチャージできる洗顔石鹸を使用することは必要です。さらに泡が汚れを吸着し、表皮が潤うには泡の持ちも重要です。粗い泡では汚れを取り除きにくいこともありますが、キメ細かい泡は毛穴の奥の汚れや余分な皮脂を絡めとり、同時にくすみの原因になる古い角質もオフできます。美容成分を含む場合には潤いを与えながら洗うことができますが、洗顔石鹸の原材料によっては泡立ちにくい石鹸もあり、泡の弾力で洗い上げることが困難になり、肌のPHを本来の弱酸性に戻す働きかけが弱くなりがちです。健やかな肌へ導くためにも美容成分のみに着目するのではなく、肌へ負担をかけない利点もある泡づくりや持ちに着目した洗顔石鹸選びも必要です。

製法による浸透力

敏感肌や乾燥肌質の場合には、植物由来となる高純度石鹸成分に加え、和漢植物エキスなどの保湿成分をバランスよく配合させた洗顔石鹸を使用することによって、ワントーン明るい透明感としっとりとした素肌へ導いてくれます。近年の洗顔石鹸の特徴として、成分を熟成や乾燥させるなどのこだわり製法が目立っており、浸透力にも繋がっています。また、簡単にキメ細かな泡が立つようにホイップ製法やモイスト製法などの洗顔石鹸が提案されるなど、肌に優しい泡が作れることからも評価を高めています。濃密な泡立ちは乾燥しやすい肌質には必要ですが、同じく潤いも必要であるため、テクニックとして化粧水仕立ての洗顔石鹸はスキンケアのファーストステップに導入したい内容です。